WORKS

作品紹介

VALE

VALE

住環境としてはあまり恵まれた敷地ではなかった。南と北に3階建ての住宅、西はマンションの共用廊下、東は4m道路を挟みマンションのバルコニー。周辺への視線の抜けもなく、光も風も存在を潜めてしまう。そこは地面に建てるというよりは、住宅やマンションの尾根に沈むと言った表現が似合う場所だった。人通りも車通りも少ない袋小路という立地がその印象をより一層強めている。
そこで、一般的な設計セオリーから離れ、住宅街という都市の地形に埋没する住処を模索することとした。

この敷地で一番の難点は幅が狭く奥行きの長い地型だろう。大半は周囲に埋もれしまっている。はじめに、その閉塞感に抗うように地形の中心に深さ10mのベイルを穿った。次に、分断されてしまった地層をつなぐように水平にいくつかの小さな橋を架けた。さらに、ベイルに沿って垂直にひとつの小さな階段を架けた。自然と動線が重なり合い、視線やアクティビティもこの住処の中心に集まっていく。小さな橋を渡るときのささやかな浮遊感、階段をめぐるときに垣間見る10mの自然光のグラデーション、そこは内部でありながら外部のよう。都市の地形の中という不都合に、地層の分断という不都合を重ねることで、この住処に特異な空間が生まれた。

橋の先には切り立った壁が空からのわずかな光を掬う。その2つの壁は離れて見ると穏やかに、近づくと少し険しく、表情を変えながら居住者と来訪者を迎える。そして、入口の先にはこの住処で最も異質な存在のアトリエがある。居住域からつながっているようで分化した関係がベイルに緊張をもたらす。

私たちはいつからか舗装された道路を闊歩し、密集した住居に身を置き、高層化するマンションの眺望を手にすることで本来の「地」という存在を忘れてしまったのかもしれない。これはそんな都市といういびつな地形につくられたvale(小さな谷)をめぐるひとつの住処である。


場所:神奈川県

用途:事務所併用住宅

敷地面積:61㎡

建築面積:41㎡

床面積:126㎡

構造:鉄筋コンクリート造

規模:地上3階・地下1階

完成:2022年3月

写真:太田拓実